カードローンで審査難易度は違うのか?

カードローンの審査難易度は、個別の会社ごとに異なります。その理由は、当たり前ではありますが、共通の審査ルールという物が存在するわけではなく、各社が独自の基準で貸すかどうかを決めているからです。おそらく、ほとんどの業者がスコアリング形式でこの点を判定してはいますが、どの項目にどの程度の振り分けをしているのかは異なるでしょう。実際、あるカードローンでは借りることができなかったけれど、別のカードローンに申込んだら審査に通過したという人は大勢います。そのことからも、難易度が異なることは明らかです。
カードローンは、申し込んだだけでも信用情報に閲覧履歴が残ります。したがって、短期間にたくさんの履歴があれば、申込ブラックと言って、借りることができなくなります。その理由は、たくさんの申込をしていることで、お金に余裕がないとみられてしまうからです。そのため、できれば最初に申し込んだところの審査に通過するようにする必要があります。その点で、この難易度を知っておくことは重要です。
具体的に知るすべはありませんが、口コミなどを確認することで、大まかな傾向は見て取れます。緩いとか厳しいといった事情は、カードローンを申し込む人にとっては関心事なので、それだけ情報が拡散しやすいため、入手は容易です。もちろん、それはあくまで外部から推測しているにすぎないため、実際に通るかどうかは申し込みをしてみなければわかりません。
カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングはこちら