モビットの遅延損害金

キャッシングで遅延などを起こすと、違約金として遅延損害金が発生します。

遅延損害金とはキャッシングの契約をするとき、契約書には申込者が返済期日までに、お金を返さなかったときに発生する損害賠償金のことで遅延利息とも呼ばれています。
キャッシング会社は返済遅れが生じたときは、そのペナルティーとして遅延損害金が発生し、遅延損害金はほとんどのところが20%の利率で返済日から遅れた日数分が上乗せされます。

返済日は自分で自由に決められる方法と、キャッシング会社が指定した日にから選ぶ方法があります。

大手の消費者金融で評判のよい消費者金融として知られているモビットの返済日は毎月5日15日25日月末のなかから選択するようになっています。
返済日を15日として「アイフル」の返済日と比べてみると、「アイフル」の場合は返済日までの10日間がその月の返済期間になるので仮に2日に返済をしたとき、このお金の全額が先月の返済に充当され、15日にはもう一度返済をする必要があり、15日を過ぎると遅延損害金が発生します。
また11日に返済するとそのお金は今月の15日分として取り扱われます。
モビットの場合は前月の15日から当月の15日までに支払ったお金は当月15日の返済となるので、次回は翌月15日に返済すれば返済遅れにはなりません。

このように、キャッシング会社によって返済日の取り扱いかたに違いが有るのでそのあたりも事前に確認をしておかないと知らないうちに返済遅れになっていたということもあります。
モビット即日融資申し込み方法ポイントまとめ【条件・時間】はこちら